居場所がつながる!

地域にある居場所(たまり場)の実態を把握して、さまざまな人たちの特技や経験が活かされる居場所づくりや居場所のつながりづくりをすすめていきましょう!

・ふれあいいきいきサロンやコミュニティカフェ、子ども食堂など
・スタッフ交流会や研修会の開催など

 

活動の例
①ふれあいいきいきサロン
お年寄りや障がいのある人、子どもと子育て中の保護者、ボランティアなど地域のさまざまな住民の出会いと交流の場であり「居場所づくり」「仲間づくり」「生きがいづくり」の取り組みとして、各地区の集会所などの身近な場所で開催されています。また、子育て中の保護者・障がいのある人・介護者などの当事者によるサロン、各地区の福祉推進員やボランティアなどスタッフによるサロンもあります。

②コミュニティカフェ
誰でも気軽に参加でき、好きな時に来て、好きな時に帰り、参加者とスタッフの垣根なく自分らしくいられる自由な場所として市内で広がっています。

③子ども食堂
ご飯を一緒に食べたり、遊んだり、勉強したり、地域のみんなで子どもを見守り、育んでいく安心できる居場所が市内でも増えています。

0